close

Rouge Empereur (ルージュ・エンペラー)

ルージュ・エンペラーは、ベルナルドのアトリエでの長期間にわたる研究と実験の成果です。

これには、太古の時代から世界の偉大な陶芸家のモチベーションを駆り立ててきた2つの技法が使われています。エナメルを高温焼成させる、通称「ひび焼き」と呼ばれる技術で、血のような真っ赤な色のところどころに、磁器の白さを見せる市松模様状の表面を作り出すテクニックは、おそらく陶芸の世界で最も習得が難しいもののひとつです。